客先で養うことができる能力

客先常駐システムエンジニアとは、正社員ですが派遣と同じ扱いの働き方になります。

なぜ、このような働き方になっているのかというと、受注してから自社でシステム開発するより派遣した方が利益が大きく上がるからです。

この仕事をしている不安は年齢の問題がとても大きく、将来を考えると転職しなければならないということです。

年齢の問題とは、派遣先が30代にもなると受け入れる所が激減していき、35歳辺りでほぼ無くなってしまうという問題です。

このため、実力を付けてある程度になったら転職するなど脱出するというのが普通になっています。

不安はありますが、デメリットばかりではなくてメリットもあります。

まずは、派遣と同じなので1つのプロジェクトが終わったら、また別の現場に派遣されます。

このように複数の現場に関わっていくのでシステムエンジニアとして実力が付いてきます。

もちろん、プロジェクトごとに違う会社となるので人間関係もリセットされコミュニケーション能力も鍛えられます。

それから、転職の際は客先常駐の経験がある場合はとても有利になるというメリットもあります。

これは企業が求める人材が即戦力だからです。

客先常駐の経験があると即戦力になるためとても有利になります。

このように、不安もありますがメリットも大きくシステムエンジニアとして実力を付けることができます。

また、転職の際もとても有利になるのでスムーズに転職できるケースが多くあります。