転職や独立という別の選択肢

客先常駐システムエンジニアは正社員ではあるものの、派遣と同じ働き方になります。

また、大きな問題として年齢の問題があり、定年まで勤めるということは非常に難しくなっています。

なので、ある程度の年齢で転職や独立など脱出するということが普通です。

このような、特殊な働き方のため、向いている方はコミュニケーションが苦にならず、将来は転職や独立を目指すということになります。

年齢の問題というのは大体30代くらいになると派遣先が減って来て、35歳辺りでほとんどなくなってしまうという問題です。

派遣先が無くなれば基本的に自主退職を勧められるケースもあり、定年まで勤めるというのは非常に難しくなっています。

このように書くとデメリットが大きすぎるようですが、メリットも大きく、実力を付けて実績も作る事ができるという利点があります。

学校で情報関係の学科を出て無い方で経験がなくても、基本的に客先常駐型の会社は内定が取りやすくなっています。

なので、若い方で経験がなくても実力をつけて、実績を作りたいという人にはとてもメリットがあります。

また、基本的に派遣先のプロジェクトが終われば新人として別の派遣先のプロジェクトに参加します。

人間関係も新しいものになるので、コミュニケーションは非常に大切になります。

このような大変な仕事ですが、転職では即戦力になるとして非常に有利になるというメリットもあります。

なので、客先常駐システムエンジニアに向いている方は、若い方で経験を積み実績を作りたいという人でコミュニケーションが苦にならないという方です。